キャリアラボについて

キャリアラボについて

私たちは、高校生や大学生を中心とした若者のキャリア支援に力を入れる団体です。

全国の高校・大学を中心に年間で4000件前後のキャリア教育プログラムや進路選択プログラムなどを提供しています。

特徴はプロジェクト単位で、さまざまなキャリア支援を行なっていることです。キャリアデザイン講座や課題解決型授業といった授業だけでなく、中高生の引きこもり支援プログラムや100人キャリアプロジェクトなどご依頼に応じてさまざまなプロジェクトを提供しています。

 

キャリアラボが目指していること

「生き方に価値を置き、多様性を見いだせる社会にしたい」

自分に合った生き方や働き方への関心が高まり、以前より多様なキャリアの選択肢が提示される社会になりました。

しかし、実際にキャリア支援の現場で感じるのは、「何をしていいかわからない」と悩んでいる方や「自分に自信が持てない」と一歩を踏み出せない方が多いということです。
特に日本においては、若者の自己肯定感の低さや進路選択の悩みは深刻です。

私たちキャリアラボは、ひとりひとりに寄り添い、若者の可能性を広げるキャリア支援を通して、自分に合った生き方を選べる社会を目指します。

 

キャリアラボの強み

成長を実感し、行動に繋がるプログラム内容

関わる若者が成長や変化を実感してもらえるように、「知識を学ぶ(理論)」と「自ら体験する(実践)」を重視しています。キャリアに関する答えを引き出そうと思っても、知識がなければ解決に至らないこともあるからです。そのため、グループワークなどを交えた体験型の学習プログラムや、社会に出て活躍するための社会人基礎力養成講座など実践的な講座提供を行なっています。

具体的には

・大学生・既卒者向けのキャリアデザイン講座・課題解決方授業・就職支援講座
・高校生向けのキャリアデザイン講座
・保護者向けのキャリア支援講座
・企業向けの働きやすい職場づくり支援

といったプログラムを提供しています。

お客様のニーズに合わせてプログラムをご提案する企画力

キャリアラボの仕事の約6割は、お客様とコラボレーションして一から生み出したオリジナルプログラムです。年間で数千件以上になる支援実績を積み重ねてきたことで私たちには圧倒的な情報量と経験値があります。

だからこそ、お客様に合わせたプログラムを提供することが可能です。

昨今では、オンラインツールを使った取り組みも増え、時代の変化に柔軟に対応しながら、ニーズに応える企画力が創業以来の成長を支える原動力になっています。

若手からベテランまで多様な講師がチームで運営するプロジェクト運営

キャリアラボでは、プログラムを講師個人で運営するのではなく、複数の講師でチームを組み、プロジェクトで運用しています。それぞれの講師の個性や特性を生かしながら、レベルの高いプログラムを目指します。

その際に配慮しているのは、メッセージの方向性に統一感があること。自社で作成した教材を用いて全体の品質を平準化し、プログラムをブラッシュアップしていくことで、芯のあるキャリア支援を行うことができます。

取り組んでいることへ ▷

勉強会のお知らせ

 

 

メルマガ登録用フォーム

キャリアラボに興味がある方は、下記のフォームよりメルマガにご登録ください。勉強会などの案内をさせていただきます。

 



お名前

メールアドレス


出版物の案内

TOP