2018年6月リニューアル

自分らしい働き方で責任のある仕事に挑戦するために

西座由紀さんの現在の仕事

専任講師として所属しています。週4日は固定の講座がありますが、週1日はフリーにしています。講義がメインのため、働く時間はその日によってバラバラです。
子供が2人とも小学生になりましたので、週3〜4日は大学での連続講座を担当、他の日は社労士業務や子供の行事等予定が入っていなければ、単発のセミナーやカウンセリング、企業の採用支援に関する業務などを担当しています。最近は、新人講師へのフィードバックや講師の取りまとめ、大学との授業運営に関する打ち合わせ・情報交換のお仕事も担当しています。

自分らしい働き方のスタイルで責任のある仕事に挑戦するために

キャリアラボで仕事をすることになったきっかけは、自分らしい働き方のスタイルで、責任のある仕事に挑戦しようと考えたからです。
現在の仕事を始めるまでは、国家公務員としてハローワークに勤務していました。福利厚生も整っており、女性職員が働きやすい環境です。長女を出産後、短時間勤務で復帰しましたが、復帰後の私にとって、仕事と育児の両立は想像以上に大変で、ストレスを募らせることになりました。

しかし、仕事内容より女性が勤務しやすい環境を重視した上で公務員を選択していましたし、別の仕事が私にできるという自信もなかったので、他の選択肢は考えられませんでした。しかし、体調を崩すことも多くなり、子供といても全く余裕のない日々が続きました。ある日、そんな姿を見かねた夫に「今の仕事は環境はいいが、あなたに向いていないのでは。あなたがいきいきと働ける仕事が他にあるのではないか」と言われ、新しい挑戦をするために退職を決意しました。

次の仕事を見据えてキャリアコンサルタントと社労士の資格を取得し、フリーランスとしての活動を少しずつ始めていく中で、偶然御一緒させていただいたのが松田代表でした。

今までの家族や仕事の概念が変わり充実した日々


フリーランス講師という立場で働くことは、公務員をしていた私には未知の世界でしたが、「家族のあり方」という概念のみならず、「仕事」の概念も変えるものとなりました。新しい出会いや発見も多く、同じ講義をしていても毎回変化や気づきがあります。元々、塾講師をしていたので人前で話すことに抵抗はありませんでしたが、「話せる」ことと「伝わる」ことは同じではありません。仕事を始めた当初、最も苦労したのは情報収集です。事前に準備をしたつもりでも、現場に立つと自分の知識不足を何度も痛感しました。また、聞き手の反応もダイレクトに見える厳しさがあります。始めた頃はキャリアラボで出会った先輩講師に様々な知識と経験を教えていただき、業界本や就活本など片っ端から読みこんだのを覚えています。

周りのサポートや理解を得ながら仕事を進める意義

また、仕事が保証されない講師という仕事は簡単に休むことができません。週1回であってもそのタイミングで子供が熱を出すこともありました。周りの友人や家族に助けてもらいながら講義をできる限り最優先に行っています。特に夫の協力は必須で、この転職を機会にたくさん話し合い、家事分担も見直しました。現在は「社会では・・・」「普通は・・・」等の既成概念で物事を考えず、私たち夫婦はどうしていくのかという考えで物事を判断しています。今では突然の発熱、急なお迎えは主に夫が対応してくれています。しかし、それでもなおカバーしきれない時はキャリアラボに相談し、対応をお願いすることもあります。フリーランスとはいえ、チームとして活動していることで取引先に迷惑をおかけすることが最小限に抑えられることが最大のメリットだと感じています。また、営業も、事務作業も、講座も、と全てを一人でやることは現実的ではありません。講座作りに専念できる環境も魅力を感じている理由の一つです。

講師やキャリアコンサルタントを目指す方へ

0歳の子供を抱えながら始めた仕事も、今年で7年目になりました。初めての仕事でも、講師として前に立つ時に言い訳はできません。事前準備を怠らず、上手くいかないことは反省し、PDCAを回しながら誠実に取り組んでいけばきちんと結果はついてくると思っています。フリーの立場でも、仲間としてお互いに切磋琢磨しながらスキルを高めていける方とご一緒できることを楽しみにしています。