2018年6月リニューアル

採用情報(キャリア講師・キャリアコンサルタント)

大学生のキャリア教育や就職活動支援を一緒に行っていただけるキャリア講師・キャリアコンサルタントを募集します。主な仕事内容はキャリア教育、就職活動に関するセミナーや講義の運営です。キャリアコンサルティング・就職相談業務も行なっています。学生に対して、自らが成長する楽しさを伝えたり、社会に出るためキャリア支援全般を行います。学生のキャリア支援のプロとして関わりたい方を募集しています。

募集の背景

関西を中心に、北海道〜九州まで百校以上の大学に対して、キャリア講座や就職活動支援のセミナーを実施しています。講義も年間四千コマ相当になり、現在も新しいご依頼をいただいております。大学外部の人材だからこそできるプログラムにこだわり、若者と社会をつなぐプログラムを提供し続けています。

講師の育成には時間がかかります。伝え方、ワークの巻き込み方、知識など学ぶことも多く、実務経験を積みながら研鑽していく必要があります。そのため、年間を通して一名から二名の講師を採用予定です。

未経験者も大歓迎です

採用にあたって大切にしているのは、あなたの仕事に対するスタンスや価値観、これまでのキャリアです。講師の経験やキャリアコンサルティングの経験は不要です。私たちはチームで講座運用をしているため、最初はサブ講師や見習いとして稼働するケースもあります。コンテンツも弊社で用意するので、まずは一人前の講師となるべく研鑽していただくことになります。基礎講座から次第にキャリアアップし、今では幅広く講座を担当されている講師の方も多数いらっしゃいます。

キャリア講師としての働き方の例

専任講師として所属しています。週3〜4回は大学での連続講座を担当、他の日は社労士業務や子供の行事等予定が入っていなければ、単発のセミナーやカウンセリング、企業の採用支援に関する業務などを担当しています。最近は、新人講師へのフィードバックや講師の取りまとめ、大学との授業運営に関する打ち合わせ・情報交換のお仕事も担当しています。

詳しく見る

具体的には、週3日は大学で就職対策の授業や個別カウンセリングを行い、週2日はオフィスで報告書やテスト結果のデータ分析、及び情報発信などを行っています。子どもが小さいので時短で仕事を行い、月から金まで週5日間の時短勤務で仕事をしています。

詳しく見る

私たちが大切にしていること

大切にしているのは、「人の成長」です。自分の殻を破り、社会で自立したいと考える若者に対し、夢を実現する力を身につけ、社会、地域、学校、講師、学生が共に学び合う環境や社会との接点を提供したいと考えています。

成長し続けることで技術を高め、
プロのキャリア支援家として選ばれること

キャリア支援家としてのスキルを更新し続けることで、仕事の可能性は広がります。また、プロとして、自身が常に学びつつ、スキルアップしていく環境が大切です。私たちの目標は、全員がプロのキャリア支援家としてお客様に選ばれることです。
教室もカウンセリングも、閉ざされた空間です。一人で学び続けるには限界があるため、私たちは、お互いが高め合い学び合えるチームとしての関わりを重視します。また、成果をできるだけ可視化するようにしています。

自分たちのキャリアが選択できて、
自分の特徴に合わせた強みを引き出せること

私たちは学生にとっては社会人のロールモデルです。キャリアを支援をする立場であるからこそ、自分たちも胸を張り学生にとっても魅力的な仕事をしていたいと考えています。私たちの団体では、これまでのご経験やなりたい姿をお聞きし、どのようなステップを踏んでいくのがベターかを考えます。子育てやご家庭の状況などがあれば仕事時間の調整も行います。働き方を自ら選びキャリアアップしていける団体を目指しています。

人生を変えるようなそんなおこがましい力はありません。でも、「誰かは覚えていないけれど、あの時のあの言葉や体験が今でも自分の中に残っている」そんな「きっかけ」を少しでも増やしていきたいと考えています。