2018年6月リニューアル

創業からの歩み

「創業からの歩み」をご紹介します。個人事業主のころから現在にいたるまでにぶつかった壁や、変化してきた事について説明しています。創業以来、さまざまな事業や企画にも挑戦してきましたが、「自分の多様性に気づき、社会での可能性を広げる」という根底に流れる気持ちはずっと変化をしていません。

個人事業主としての活動時期

  • 2009
    スタートは個人で書き始めたブログから
    スタートは就職活動で内定が出ないまま卒業した方向けに就職活動の情報発信をすることでした。
    リーマンショックで就職環境が悪化し、就職できない人が増えた時代です。当時は既卒者支援のインフラが整っておらず、焦りや不安の中で自分の可能性を諦めかけてしまう若者を多く見てきました。なんとか求職者に寄り添った支援を行いたいと「既卒ナビ」という就職情報サイトを始めました。
  • 2010
    小学校でのキャリア教育で成長や変化を実感する
    NPO法人が実施する小学生向けキャリア教育にプロジェクトマネージャーとして関わりました。今後の支援の形を変えるきっかけになった大阪府が実施する事業です。キャリア教育の授業を通して子どもたちが変わるのを間近に見たことで、就職支援だけでなく、人生について考え、自分の可能性に気づくためのキャリア支援を本格的にしたいと考えるようになりました。
  • 2011
    既卒者支援にもグループワークを取り入れ始める
    愛知県で既卒者支援のプログラムに参加しました。1ヶ月の合同研修から参加したほとんどの既卒者が仲間を見つけ、成長し、就職に至りました。これまでは情報発信を中心とした支援でしたが、グロープワークや体験を通して、支援の形を変更することを決心します。研修終了後に、既卒者支援事業の事業計画を作成し、ビジネスプランを提案した結果、内閣府地域雇用創出事業に選ばれました。

2012年 キャリアラボとして法人化


2012年にキャリアラボとして法人化し、大学内での講座を本格的に開始します。現在のキャリアコンサルティングやキャリア教育などをスタートしたのもこの頃からです。

  • 2012
    キャリアラボとして法人化。大学生向けの支援を開始
    キャリアラボとして法人化し、団体を設立します。利潤を追求するよりもミッションを追求したいという思いもあり社団法人としました。このころから「予防」という視点に立ち、大学でのキャリア教育プログラムやキャリア形成スキルを育成するプログラムを開始しました。
  • 2013
    学生と社会をつなげるために
    大阪府緊急雇用事業を受託し、企業と学生のミスマッチを防ぐためのインターンシップ事業を開始しました。複数の企業にインターンシップで参加するプランです。学生の視野を広げるだけでなく、企業にとっても新しい出会いのきっかけを提供することで、双方の可能性を広げることを目的としていました。
    アクティブラーニングを導入し、コミュニケーション講座や思考力トレーニングなどキャリアを考えるだけでなく、キャリア形成のためのスキルアップの講座を積極的に運用するようになりました。
  • 2014
    チームで運営するキャリア講座を本格的に開始
    4月からチームで運営するキャリア講座を本格的に開始しました。目的は、講師同士が学びあいながら業界全体のスキルアップをすること、営業や事務作業を一本化することで講義に専念できる環境を作ることです。講座の質を維持しつつ、各先生の個性を生かす授業づくりがこのころから本格的になります。また、大人数でのPBL(Project-Based Learning)プログラムを実施し、学生の成長にこれまで以上の成果を実感したことから、本格的なPBLプログラムの開発にも力を入れるようになります。
  • 2015
    企業と作るキャリアデザイン講座を開始
    企業と作るキャリアデザイン講座を開始しました。社会との接点を授業の中でたくさん生み出すことで、一部の大学では出席率96%を超える講座に成長しています。
    顧問である本田さんの進めでフィリピンの短期留学プログラム「スタディツアー」に参加しました。ここでの出会いは就職支援のありかたや、世界の見方を買えるぐらいのインパクトのあるものでした。
  • 2016
    視野を広げるためのラジオ番組「キャリア・ラボ」を開始!
    社会との出会いを増やすための機会提供の一つとして、出張版キャリアデザイン講座「キャリア・ラボ」の放送を行いました。毎回面白いゲストに多数ご登場いただき、ご自身のキャリアを話していただく、とても楽しい講座になりました。
  • 2017
    「リーダー制度」を始めました
    講師の育成をより加速させるための「リーダー制度」を始めました。複数のクラス運営を行う際に、リーダーを一人立て、講座の方向性や運営方法の目線合わせを行う方法です。講師のキャリアアップだけでなく、講座の質をさらにアップさせる仕組みとしての取り組みです。複数の大学でキャリア講座全体の立ち上げを行い、年間でのご依頼件数が4000コマを突破しました。

2018年 教科書の改訂を行い、情報の充実へ

2018年はプログラムの充実のために教材の改訂を行います。また、キャリア講師の成長のために勉強会の実施をスタートしようと考えています。

<最近の取り組み内容>
2018年6月7日(木) キャリアラボ勉強会「キャリアデザイン〜主体的に動き出すために〜」を実施 2018月7月12日 採用担当者対象 ~今どきの若者とは~ 2018年6月28日(木) 「働く女性のライフスタイルを徹底研究!輝くビジネスウーマン講座」高槻